今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

ROAD TO EX First Stage @渋谷 TSUTAYA O-nestライブレポ

2017/03/29

六本木EXシアター出演をめぐる音楽イベント、“ROAD TO EX 2017”の First Stageが 渋谷 TSUTAYA O-nestで開催されました。
お客さんの投票で勝敗が決る本イベントのまさに、第一回目、はたして予選通過者は!?
ということで、ライブ内容と結果をお知らせしていこうと思います。

去る2017年3月25日、満員の渋谷 TSUTAYA O-nest

ナビゲーターの武井壮さんも楽しんでらっしゃったFirst Stage Day1。

開催前からこのイベントを追いかけております、LIVE Connectionも遊びに行ってきました!

 

と、いうことで

 

まずは出演順にバンドを紹介していこうと思います。

 

BUT BY FALL

さてさてご存じない方のために。

“But by Fall(バットバイフォール)は、日本の4人組ロックバンド。所属事務所はビーイング。”---------Wikipedia

公式サイトを見てみると、デュエルマスターズのアニメのバナーが。デュエルマスターズとは、遊戯王よりやや対象年齢が下に設定されたカードゲームなのですが、それを題材にしたアニメの、、、エンディングテーマをつとめていました!

楽曲はギターロックを主体とした楽曲で裏でシンセがガンガンなっています。

ギターロック80%+ダンスミュージック8%+メロコア12%な感じ。

さて、当日のライブはというと

最前を埋めるファンの熱気、バンドの煽り、サークルピット。最近、あまりヘビーな音楽のライブに行く機会がなかったので、サークルピットはなかなかに新鮮に感じました。「最終まで勝ち残ったらナビゲーターの武井壮さんもサークルピットに混ざって下さいね!」に対し武井壮さんは「タンクトップで走ります。」とのお返事。

 

イエスマン

この日唯一の女性メンバーを有するポップバンド。

シンセ、ドラム、ベースボーカルの3ピースバンド。唯一の女性メンバーがいるバンドかと思いきや、唯一のギターレスバンド。

イベントを通してみればいいアクセントだったと思います。

さて、当日のライブはというと

ベースを引きながら歌う女性シンガー、これが、けっこういい音でちゃんと弾けていた。しかもノリも良し。シンセもエレピから、とってもシンセな音までいろいろ出していてライブ一本飽きさせない感じでした。

お客さんもなかなかハッピーになれたかと思いますが、女性のお客さんが多かったので、ちょっと不利なのかな?と、いらぬ勘ぐりを入れてしまいました。

 

BOYS END SWING GIRL

すっげーフレッシュだなー!と思ってみたら、全員22歳だそう。ボーカルの声もかわいらしくて世の女性ギターロックファンの心を鷲掴みにしてしまうんだろうなぁ。

さて、当日のライブはというと

年齢のことをプロフィールに書けるのは22歳くらいまでですが、ヘッタクソなことの言い訳に使ってるとかではなく、今の22歳すげーなーって、すごくプラスに受け取れるライブでした。

魅せ方も上手いし、演奏だって。正直なところ、楽曲に関しては唯一無二ではないものの、そこは、まだ若いからね!ってそれで許せるライブでした。

お客さんもそんな若いエネルギーを存分に浴びて楽しそうでした。

 

LOCAL CONNECT

京都出身のギターロックバンド。楽器上手、魅せ方上手、なんといってもツインボーカルスタイルのバンド編成はパワフルなこのバンドには最良の選択のように思いました。所属レーベルはvapとのこと。

さて、当日のライブはというと

o-nestのステージに収まりきっていませんでした。すごくパワフルほんと、それに尽きる。o-nestくらいのステージでは狭いんでしょうね。せめてo-westのサイズで見たら、もっと魅力的に見えたかもしれない。この日のトリということもあり、お客さんは最後の一時を惜しむようにこの日一番の盛り上がりを見せていました。あー、予選通過一個は確定だなーと、思ってしまったのも事実です。

 

ということで結果!

ROAD TO EX 2017オフィシャルサイトでも発表されていましたが

BOYS END SWING GIRL、LOCAL CONNECT

以上2バンドがこの日を勝ち残りました。

前にLIVE Connectionでも投票制のバトルイベントをやりましたが、出演者さんの熱気が違うように感じますね。普段と一味違ったライブを見たいと思ったら、ぜひぜひ参加してみてはどうでしょうか?

 

次回予告

2017年4月29日 @渋谷 TSUTAYA O-nest

出演バンド

ORANGE POST REASON / 撃鉄 / SaToMansion / THE Hitch Lowke

 

お楽しみに!

月間人気記事TOP10
新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

mandala 1st mini album『floats this town.』レコ発 “off.”@下北沢CLUB251のライヴレポ。スモーキーでマットなビートを打ち鳴らすmandalaの男気にますます惚れた夜だった。

RED LADY

2016/11/26

六本木EXシアター出演をめぐる音楽イベント、“ROAD TO EX 2017”の First Stageが 渋谷 TSUTAYA O-nestで開催されました。 お客さんの投票で勝敗が決る本イベントのまさに、第一回目、はたして予選通過者は!? ということで、ライブ内容と結果をお知らせしていこうと思います。

しいなたくと

2017/03/29

バンド名について考えてみよう。という企画です。今のバンド名のままで活動していて大丈夫?バンド名にも様々な問題がついてまわるのをご存知でしたか?趣味の範囲なら好き放題付けていていいとおもいますが、それを仕事にするならば、おさえて置かなければならない幾つかのポイントがあります。

左大臣

2017/03/31

バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

RED LADYが最近出逢った、ウイットに富んだヴィヴィッドな音色で魅了する2組を紹介します。プレイラウド。

RED LADY

2017/03/20

Bjork、Nujabes、To Rococo Rotなどのサンプリングソースとして知られ、近年のニューエイジ/アンビエント再評価の一翼を担うオランダ・アムステルダムの音響桃源郷的レーベルMusic From Memoryが編集盤をリリースしたことで一気にその名が知れ渡ったイタリア・ヴェネチアのアンビエント作家GIGI MASINがついに初来日!

Megoe

2017/04/17

ガツンとくるガレージロックに飢えているならGABAに喰らいつけ!トラディショナルなUKロックを武器にシーンのど真ん中をブチ抜くGABAと合わせて聴きたい4バンドも必聴!

RED LADY

2016/08/22

都内を中心に活動する男女混合の4人組バンド、パスワードの人。初の企画ライブを開催! 10月16日、イベント当日にリリースされる最新ミニアルバム「ハルトカナ」を携えたレコ発ライブ、その祝祭を彩る出演バンドをご紹介します。

TsunemusiK

2016/09/05

「どんな音楽が好きなんですか?」 音楽好きのファーストコンタクトでまず交わされるであろうこの会話。 答え方は人それぞれ。 しかしその中で聞く機会の多いワードがある。 【轟音】【疾走感】【ポップ】 ズバ抜けて多い。 確かにこの3つのワード、嫌いになれる要素なんてなにひとつない。 ワードを聞くだけでエヴァーグリーンな輝きが感じられる。 この3つが合わさったら、、、 想像するだけでヨダレが出そうな期待感。 今回はこのロック三種の神器と言っても過言ではない【轟音+疾走感+ポップ】な音楽をご紹介。 時代性とは無縁のこの煌めく音楽に心をときめかせよう。

Megoe

2016/06/24