今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

ROAD TO EX First Stage @渋谷 TSUTAYA O-nestライブレポ

2017/03/29

六本木EXシアター出演をめぐる音楽イベント、“ROAD TO EX 2017”の First Stageが 渋谷 TSUTAYA O-nestで開催されました。
お客さんの投票で勝敗が決る本イベントのまさに、第一回目、はたして予選通過者は!?
ということで、ライブ内容と結果をお知らせしていこうと思います。

去る2017年3月25日、満員の渋谷 TSUTAYA O-nest

ナビゲーターの武井壮さんも楽しんでらっしゃったFirst Stage Day1。

開催前からこのイベントを追いかけております、LIVE Connectionも遊びに行ってきました!

 

と、いうことで

 

まずは出演順にバンドを紹介していこうと思います。

 

BUT BY FALL

さてさてご存じない方のために。

“But by Fall(バットバイフォール)は、日本の4人組ロックバンド。所属事務所はビーイング。”---------Wikipedia

公式サイトを見てみると、デュエルマスターズのアニメのバナーが。デュエルマスターズとは、遊戯王よりやや対象年齢が下に設定されたカードゲームなのですが、それを題材にしたアニメの、、、エンディングテーマをつとめていました!

楽曲はギターロックを主体とした楽曲で裏でシンセがガンガンなっています。

ギターロック80%+ダンスミュージック8%+メロコア12%な感じ。

さて、当日のライブはというと

最前を埋めるファンの熱気、バンドの煽り、サークルピット。最近、あまりヘビーな音楽のライブに行く機会がなかったので、サークルピットはなかなかに新鮮に感じました。「最終まで勝ち残ったらナビゲーターの武井壮さんもサークルピットに混ざって下さいね!」に対し武井壮さんは「タンクトップで走ります。」とのお返事。

 

イエスマン

この日唯一の女性メンバーを有するポップバンド。

シンセ、ドラム、ベースボーカルの3ピースバンド。唯一の女性メンバーがいるバンドかと思いきや、唯一のギターレスバンド。

イベントを通してみればいいアクセントだったと思います。

さて、当日のライブはというと

ベースを引きながら歌う女性シンガー、これが、けっこういい音でちゃんと弾けていた。しかもノリも良し。シンセもエレピから、とってもシンセな音までいろいろ出していてライブ一本飽きさせない感じでした。

お客さんもなかなかハッピーになれたかと思いますが、女性のお客さんが多かったので、ちょっと不利なのかな?と、いらぬ勘ぐりを入れてしまいました。

 

BOYS END SWING GIRL

すっげーフレッシュだなー!と思ってみたら、全員22歳だそう。ボーカルの声もかわいらしくて世の女性ギターロックファンの心を鷲掴みにしてしまうんだろうなぁ。

さて、当日のライブはというと

年齢のことをプロフィールに書けるのは22歳くらいまでですが、ヘッタクソなことの言い訳に使ってるとかではなく、今の22歳すげーなーって、すごくプラスに受け取れるライブでした。

魅せ方も上手いし、演奏だって。正直なところ、楽曲に関しては唯一無二ではないものの、そこは、まだ若いからね!ってそれで許せるライブでした。

お客さんもそんな若いエネルギーを存分に浴びて楽しそうでした。

 

LOCAL CONNECT

京都出身のギターロックバンド。楽器上手、魅せ方上手、なんといってもツインボーカルスタイルのバンド編成はパワフルなこのバンドには最良の選択のように思いました。所属レーベルはvapとのこと。

さて、当日のライブはというと

o-nestのステージに収まりきっていませんでした。すごくパワフルほんと、それに尽きる。o-nestくらいのステージでは狭いんでしょうね。せめてo-westのサイズで見たら、もっと魅力的に見えたかもしれない。この日のトリということもあり、お客さんは最後の一時を惜しむようにこの日一番の盛り上がりを見せていました。あー、予選通過一個は確定だなーと、思ってしまったのも事実です。

 

ということで結果!

ROAD TO EX 2017オフィシャルサイトでも発表されていましたが

BOYS END SWING GIRL、LOCAL CONNECT

以上2バンドがこの日を勝ち残りました。

前にLIVE Connectionでも投票制のバトルイベントをやりましたが、出演者さんの熱気が違うように感じますね。普段と一味違ったライブを見たいと思ったら、ぜひぜひ参加してみてはどうでしょうか?

 

次回予告

2017年4月29日 @渋谷 TSUTAYA O-nest

出演バンド

ORANGE POST REASON / 撃鉄 / SaToMansion / THE Hitch Lowke

 

お楽しみに!

月間人気記事TOP10
バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

5/28(土)、今年で5回目の開催となる、下北沢サウンドクルージング。 15カ所のライブハウスやカフェが会場となり、街をクルーズするように箱から箱へと巡るイベント、体験レポートを遅ればせながらお届けします。

TsunemusiK

2016/05/30

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

今年で20周年を迎えるFUJI ROCK FESTIVALに出掛けて間もなく1ヶ月が経つ。観たアーティストをより好きになったり、フェス飯に舌鼓を打ったり、お酒を飲んだりした。3日間はこれの繰り返しだった。とてもシンプル。山間地ゆえ天候が心配されたものの、一時的な小雨で済んだ。あとは太陽が笑っていた。

RED LADY

2016/08/17

様々な角度からミュージシャンが情報を発信するサービス、“LIVE Connection”と、「ライブ定額行き放題」サービスの“sonar-u”がついにタッグを組んでライブイベントを開催。

しいなたくと

2016/05/04

THE GOLDEN WET FINGERS TOUR 2016「CHAOS SURVIVE INVADER」ツアーセミファイナル。チケット代の桁が1つ増えても観に行きたい、ふとそんなことを思った。

RED LADY

2016/06/28

LIVE Connection の【#Tags】機能を使ってアーティストを紹介します

TsunemusiK

2016/03/24

Bjork、Nujabes、To Rococo Rotなどのサンプリングソースとして知られ、近年のニューエイジ/アンビエント再評価の一翼を担うオランダ・アムステルダムの音響桃源郷的レーベルMusic From Memoryが編集盤をリリースしたことで一気にその名が知れ渡ったイタリア・ヴェネチアのアンビエント作家GIGI MASINがついに初来日!

Megoe

2017/04/17

音楽好きにはお酒が好きな人が多いと思います。 薄暗い中ほろ酔い気分で音楽に合わせて体を揺らしたり、グデングデンになるまで飲んで踊ったり、音の響きに委ねて浸ってみたり。 アルコールが入ると音楽への距離が近づき、グッとのめり込みやすくなります。 今夜のライブはとても気持ち良くて夢みたいなひと時だった、なんて経験は誰もがあるかと思います。 今回はそんな体験をノンアルコールで真昼間から楽しめる、という音楽をご紹介。 アルコールを摂取して気持ちよくなるのと同じで、音楽の響きを聴覚で感じて体が、脳みそが気持ちよくなる。 現実なのに夢みたいな、現実より一歩外の世界が垣間見えてしまうような魅力的な体験。 手作り感覚があり、人間味が溢れていて、優しくて暖かみがあり柔らかい感触の夢心地トリップ。 お楽しみください。

Megoe

2016/07/30

ロックミュージックは怒りや孤独、衝動や勢いに任せて、そしてなにかの間違いでできた偶然の産物である。 という意見には大いに賛成できる。 しかしどの世界にも職人としか言い表せないような緻密に計算された(いや、もしかしたら天然で作り上げている可能性もあるが)完璧なフォルムで作り上げられた素晴らしい作品がある。 そう、正に職人技。 ロックミュージックにおいてももちろん同じだ。 今回はロックの中でも”ポップ”に焦点を当てた、いわゆる”ポップ職人”をご紹介。 極彩色に彩られ、時折万華鏡のように煌びやかに姿を変え、そして流れるような美しい展開を持つ至極の楽曲。 なにからなにまで完璧でうっとりしてしまいます。 それでは、ポップ職人の技をご堪能ください。

Megoe

2016/10/03