今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

偉大な経営者VSバンドマン

2017/03/20

世に名を残している偉大な経営者達が放った「名言」をバンド活動のそれに無理やり当てはめ解釈してしまおうという企画です。
ひょっとしたらそれらを実践していくことでバンド活動に新たな光がさしてくるかもしれません。ちょっとした説教臭い読み物としてお楽しみ下さい。

この記事中のBGMにどうぞ

“もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?”

--------スティーブ・ジョブズ

まず一発目はみんなが使うiPhoneのapple、故・スティーブ・ジョブズのあまりにも有名な名言から入ります。無理やりではなく、そのまま受け取っていただいてけっこうなのですが、音楽のなかでも、多種多様な活動方法があり、ジャンルも多種多様、楽器もたくさんあります。そのなかで、それは本当にやりたいことなのか、これは非常に大事なテーマになると思います。「今日が最後」ではなくても、限られた時間の中で音楽をやろうということですから、その中でも厳選して本当にやりたいことかどうか、このトピックをきっかけに、これを今一度自分に問いかけてみてはどうでしょうか?

仮に、アジカンの真似事を自覚してやっていたとしましょう。もしそれが本当に自分のやりたいことであった場合、成功事例としてのアジカンがいる以上、うまくいきやすい方法なのかもしれません。今日が最後であっても、実行し、成し遂げるべきなのかもしれません。

バイトをしながらバンドをやっていたとします。そのバイトは本当に自分のやりたいことではないと思いますが、一生懸命にバイトリーダーを目指したり、時給が上がることに喜びを感じたりしていないでしょうか、本来ならその全て音楽に向けるべきでは?こんな解釈もできると思います。

 

“時間を無駄にせずに、予定を立てて行動すること。ただし、予定表をすべて埋めてはいけない。それでは独創力が死んでしまう。”

--------ニコラス・ハイエック

スイスの時計のSWATCHの創設者の名言です。これをバンド活動にあてはめるとまんまこうです。

「バイトは週4までにしろ」

残りの3日を「独創力」すなわち作曲に当てろ。気持ちいいほどにストレートに当てはめることができました。バイトはけして「無駄な時間」ではありません、生きていくためには仕方のないことです。だからといって毎日のようにフルタイムで働いていては創造する時間がなくなってしまいます。高時給のバイト、生活費が抑えられる土地、これらの見直しに少し時間を割いてもいいかもしれません。その後にしっかり時間をとって創造に浸れるバンドマンの本来あるべき姿に近い生活ができるようになるかもしれません。

 

“進歩とは反省の厳しさに正比例する。”

--------本田宗一郎

前の二件にくらべれば日本人らしさが出ているように感じます。では、これをバンド活動に当てはめるとどうでしょうか。

この、「反省」は、自らの行動を振り返って、それでよかったのかダメだったのかを考えるということです。「ごめんなさい」と言ったり、思ったりするだけが「反省」ではありません。

では、バンド活動の「反省」はいつ行うのでしょうか。

「ライブ後」

これは絶対だと思います。ライブ後の反省はすぐでなくてもいいかもしれません。ライブの日は打ち上げで他のバンドと交流を深めたり、お酒を楽しんで、ライブハウスにお金を落としていくのも良いことだと思います。その後日、「厳しく反省」すれば正比例で進歩するというのです。まったく簡単なようで、むずかしいですね。

スマートフォンでライブを撮影したりして、可能な限りライブ中のこと省みることができるようにします。とにかく厳しくしなければいけません。入場曲(?)を流してステージに立ち、一曲目が始まるまで、一曲目、次の曲までの間、いくつもいくつも項目がありますが、その全てにおいて厳しく、何度も評価と対策を話し合います。

そのぶん進歩します。

と、本田宗一郎は言っています。

 

“人が第一、戦略は二の次と心得ること。仕事でもっとも重要なことは適材適所の人事であって、優れた人材を得なければ、どんなにいい戦略も実現できない。”

--------ジャック・ウェルチ

1999年米国経済誌フォーチュンで20世紀最高の経営者に選ばれたゼネラルエレクトリックのCEO。ちょっと厳しいことを言っていますが、戦略、そうですね、たとえば出演するライブハウスや演奏する曲のジャンル、ロゴマークのデザイン、ホームページ、そんなことよりまず、きちんとしたベーシスト、ドラマー、ギタリスト、ボーカリストを揃えろということですね。高校の軽音楽部の集まりで、とか、それが適材適所の優れた人材の集まりであればいいんでしょうが、そうでなければクビにしてメンバーを入れ替えていかなければ、その楽曲も100%の力を発揮できないよということですね。厳しい。それは仕事の話だから音楽とは違うのか、音楽を仕事にするにはそういう考え方も積極的に取り入れなければならないのか。いずれにせよ、成功しているバンドも「初めてのオリジナル曲をやるバンドのメンバーでそのまま」というのはほとんどいないかもしれませんね。

 

説教臭いコラムになってしまいましたが、今後も説教臭いコラムを進んで書いていこうと思います。

それではまた次回。

月間人気記事TOP10
新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

RED LADYが最近出逢った、ウイットに富んだヴィヴィッドな音色で魅了する2組を紹介します。プレイラウド。

RED LADY

2017/03/20

都内を中心に活動する男女混合の4人組バンド、パスワードの人。初の企画ライブを開催! 10月16日、イベント当日にリリースされる最新ミニアルバム「ハルトカナ」を携えたレコ発ライブ、その祝祭を彩る出演バンドをご紹介します。

TsunemusiK

2016/09/05

mandala 1st mini album『floats this town.』レコ発 “off.”@下北沢CLUB251のライヴレポ。スモーキーでマットなビートを打ち鳴らすmandalaの男気にますます惚れた夜だった。

RED LADY

2016/11/26

世に名を残している偉大な経営者達が放った「名言」をバンド活動のそれに無理やり当てはめ解釈してしまおうという企画です。 ひょっとしたらそれらを実践していくことでバンド活動に新たな光がさしてくるかもしれません。ちょっとした説教臭い読み物としてお楽しみ下さい。

左大臣

2017/03/20

東京アンダーグラウンドでじわじわと中毒者を増やしている孤高のストーナー集団、EL SONOCOSが1st Singleをリリース!

Megoe

2017/02/19

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

「どんな音楽が好きなんですか?」 音楽好きのファーストコンタクトでまず交わされるであろうこの会話。 答え方は人それぞれ。 しかしその中で聞く機会の多いワードがある。 【轟音】【疾走感】【ポップ】 ズバ抜けて多い。 確かにこの3つのワード、嫌いになれる要素なんてなにひとつない。 ワードを聞くだけでエヴァーグリーンな輝きが感じられる。 この3つが合わさったら、、、 想像するだけでヨダレが出そうな期待感。 今回はこのロック三種の神器と言っても過言ではない【轟音+疾走感+ポップ】な音楽をご紹介。 時代性とは無縁のこの煌めく音楽に心をときめかせよう。

Megoe

2016/06/24

バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

関西ミュージックシーンで要注目バンド Atomic Stooges 待望の全国初流通盤「Hang Loose」をリリース。 スタイリッシュで優等生的なガレージロックの期待作!

中畑 琴絵

2016/03/24