今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

2016年の5枚〜Tsunemusik編〜

2017/01/11

鏡開きも過ぎて、もう新年モードも終わり。
2016年振り返り記事のバトンが回って来たので、去年を振り返って、2017年に聴いて欲しいアーティストをピックアップ!
今年も皆様が素敵な音楽と巡り会えますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的なブログで2016年のベストアルバムは公表してるので、趣向を少し変えまして

題して…

「2016年に出会った、今年活躍しそうなアーティスト 5選」

※ランキングではありません
※個人の感想です

 

では早速ですが、5曲続けてどうぞー!

 

1.ナードマグネット
♪C.S.L.


>>
ご存知エモバンドのナードマグネット。2017年の大本命は、ずばりエモ!
Jimmy Eat Worldの新譜を聴いてから、エモーショナル熱が治まりません。10月にリリパライブを見て来たけれど、パフォーマンス力も文句なしだし、今こそ音楽を聴いて泣くべきだ!
>>


2.Burglary Years
♪Votre Voix


>>
ボストン出身の4人組、バーグラリー・イヤーズ。キラッキラのギターが素晴らしく。2017年は、The Strokesが出て来た2000年頭の頃と、凄く音が似ているので、ワクワクが止まりません。
>>


3.Babaganouj
♪Do Rite With Me Tonite


>>
オーストラリアの3ピースバンド、バブガニューシュ。男女ボーカルの交差する歌と、ドーリーミーなサウンドが心地よくて、歌声がカワイイ!
>>


4.MARQUEE BEACH CLUB
♪eye

>>
こちらも男女ボーカルの交差する、エレクトロなバンドサウンド。歌えるダンスミュージックと言われているけど、一番の魅力はその日本語の歌詞にあると思います。
>>

5.Ryu Matsuyama
♪Paper Planes


>>
ひとりのアーティスト名かと思われますが、3人組バンド。まさしく和製アウスゲイルと言わんばかりのRYU(Pinano/Vocal)の歌声は是非ライブで体感して欲しいほど素晴らしい。
>>

 

以上、Tsunemusik的 5選でした。
ちゃんと再生して頂いた方は分かると思いますが、相当偏ってる音楽趣向だと自覚しております。でもやっぱり、今年は20歳の頃に聴いてた音楽が一周回って戻って来たような、そんなインディーズシーンが面白くて仕方がありません。

出来ればバンドの方々とも、ルーツミュージックについて話を聞くインタビュー企画もしてみたいです。

 

他にもチェックして欲しいアーティストは沢山いるので、こちらで紹介させていただければと思います!
2017年も素敵な音楽と出会えますように♪

月間人気記事TOP10
新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

六本木EXシアター出演をめぐる音楽イベント、“ROAD TO EX 2017”の First Stageが 渋谷 TSUTAYA O-nestで開催されました。 お客さんの投票で勝敗が決る本イベントのまさに、第一回目、はたして予選通過者は!? ということで、ライブ内容と結果をお知らせしていこうと思います。

しいなたくと

2017/03/29

mandala 1st mini album『floats this town.』レコ発 “off.”@下北沢CLUB251のライヴレポ。スモーキーでマットなビートを打ち鳴らすmandalaの男気にますます惚れた夜だった。

RED LADY

2016/11/26

バンド名について考えてみよう。という企画です。今のバンド名のままで活動していて大丈夫?バンド名にも様々な問題がついてまわるのをご存知でしたか?趣味の範囲なら好き放題付けていていいとおもいますが、それを仕事にするならば、おさえて置かなければならない幾つかのポイントがあります。

左大臣

2017/03/31

バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

RED LADYが最近出逢った、ウイットに富んだヴィヴィッドな音色で魅了する2組を紹介します。プレイラウド。

RED LADY

2017/03/20

Bjork、Nujabes、To Rococo Rotなどのサンプリングソースとして知られ、近年のニューエイジ/アンビエント再評価の一翼を担うオランダ・アムステルダムの音響桃源郷的レーベルMusic From Memoryが編集盤をリリースしたことで一気にその名が知れ渡ったイタリア・ヴェネチアのアンビエント作家GIGI MASINがついに初来日!

Megoe

2017/04/17

都内を中心に活動する男女混合の4人組バンド、パスワードの人。初の企画ライブを開催! 10月16日、イベント当日にリリースされる最新ミニアルバム「ハルトカナ」を携えたレコ発ライブ、その祝祭を彩る出演バンドをご紹介します。

TsunemusiK

2016/09/05

ガツンとくるガレージロックに飢えているならGABAに喰らいつけ!トラディショナルなUKロックを武器にシーンのど真ん中をブチ抜くGABAと合わせて聴きたい4バンドも必聴!

RED LADY

2016/08/22

「どんな音楽が好きなんですか?」 音楽好きのファーストコンタクトでまず交わされるであろうこの会話。 答え方は人それぞれ。 しかしその中で聞く機会の多いワードがある。 【轟音】【疾走感】【ポップ】 ズバ抜けて多い。 確かにこの3つのワード、嫌いになれる要素なんてなにひとつない。 ワードを聞くだけでエヴァーグリーンな輝きが感じられる。 この3つが合わさったら、、、 想像するだけでヨダレが出そうな期待感。 今回はこのロック三種の神器と言っても過言ではない【轟音+疾走感+ポップ】な音楽をご紹介。 時代性とは無縁のこの煌めく音楽に心をときめかせよう。

Megoe

2016/06/24