今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

2016年の5枚〜Tsunemusik編〜

2017/01/11

鏡開きも過ぎて、もう新年モードも終わり。
2016年振り返り記事のバトンが回って来たので、去年を振り返って、2017年に聴いて欲しいアーティストをピックアップ!
今年も皆様が素敵な音楽と巡り会えますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的なブログで2016年のベストアルバムは公表してるので、趣向を少し変えまして

題して…

「2016年に出会った、今年活躍しそうなアーティスト 5選」

※ランキングではありません
※個人の感想です

 

では早速ですが、5曲続けてどうぞー!

 

1.ナードマグネット
♪C.S.L.


>>
ご存知エモバンドのナードマグネット。2017年の大本命は、ずばりエモ!
Jimmy Eat Worldの新譜を聴いてから、エモーショナル熱が治まりません。10月にリリパライブを見て来たけれど、パフォーマンス力も文句なしだし、今こそ音楽を聴いて泣くべきだ!
>>


2.Burglary Years
♪Votre Voix


>>
ボストン出身の4人組、バーグラリー・イヤーズ。キラッキラのギターが素晴らしく。2017年は、The Strokesが出て来た2000年頭の頃と、凄く音が似ているので、ワクワクが止まりません。
>>


3.Babaganouj
♪Do Rite With Me Tonite


>>
オーストラリアの3ピースバンド、バブガニューシュ。男女ボーカルの交差する歌と、ドーリーミーなサウンドが心地よくて、歌声がカワイイ!
>>


4.MARQUEE BEACH CLUB
♪eye

>>
こちらも男女ボーカルの交差する、エレクトロなバンドサウンド。歌えるダンスミュージックと言われているけど、一番の魅力はその日本語の歌詞にあると思います。
>>

5.Ryu Matsuyama
♪Paper Planes


>>
ひとりのアーティスト名かと思われますが、3人組バンド。まさしく和製アウスゲイルと言わんばかりのRYU(Pinano/Vocal)の歌声は是非ライブで体感して欲しいほど素晴らしい。
>>

 

以上、Tsunemusik的 5選でした。
ちゃんと再生して頂いた方は分かると思いますが、相当偏ってる音楽趣向だと自覚しております。でもやっぱり、今年は20歳の頃に聴いてた音楽が一周回って戻って来たような、そんなインディーズシーンが面白くて仕方がありません。

出来ればバンドの方々とも、ルーツミュージックについて話を聞くインタビュー企画もしてみたいです。

 

他にもチェックして欲しいアーティストは沢山いるので、こちらで紹介させていただければと思います!
2017年も素敵な音楽と出会えますように♪

月間人気記事TOP10
新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

RED LADYが最近出逢った、ウイットに富んだヴィヴィッドな音色で魅了する2組を紹介します。プレイラウド。

RED LADY

2017/03/20

都内を中心に活動する男女混合の4人組バンド、パスワードの人。初の企画ライブを開催! 10月16日、イベント当日にリリースされる最新ミニアルバム「ハルトカナ」を携えたレコ発ライブ、その祝祭を彩る出演バンドをご紹介します。

TsunemusiK

2016/09/05

mandala 1st mini album『floats this town.』レコ発 “off.”@下北沢CLUB251のライヴレポ。スモーキーでマットなビートを打ち鳴らすmandalaの男気にますます惚れた夜だった。

RED LADY

2016/11/26

世に名を残している偉大な経営者達が放った「名言」をバンド活動のそれに無理やり当てはめ解釈してしまおうという企画です。 ひょっとしたらそれらを実践していくことでバンド活動に新たな光がさしてくるかもしれません。ちょっとした説教臭い読み物としてお楽しみ下さい。

左大臣

2017/03/20

東京アンダーグラウンドでじわじわと中毒者を増やしている孤高のストーナー集団、EL SONOCOSが1st Singleをリリース!

Megoe

2017/02/19

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

世界で一番人口密度の高い街、東京。 行き交う人と人の波。 コンクリートジャングル東京では心休まる時間は少ないように感じます。 そんな東京で唯一心が落ち着く時、それは深夜ではないだろうか。 深夜の徘徊は格別である。 さすがに渋谷や歌舞伎町など眠らない街は例外だが、 深夜の徘徊以上に自分だけの世界に浸れる時間というのはないだろう。 今回はそんな東京の深夜徘徊のための音楽をご紹介。 ヘッドホンでこの音楽を聴きながら外に出て、あてもなく深夜の東京を存分に徘徊しよう。

Megoe

2016/05/06

「どんな音楽が好きなんですか?」 音楽好きのファーストコンタクトでまず交わされるであろうこの会話。 答え方は人それぞれ。 しかしその中で聞く機会の多いワードがある。 【轟音】【疾走感】【ポップ】 ズバ抜けて多い。 確かにこの3つのワード、嫌いになれる要素なんてなにひとつない。 ワードを聞くだけでエヴァーグリーンな輝きが感じられる。 この3つが合わさったら、、、 想像するだけでヨダレが出そうな期待感。 今回はこのロック三種の神器と言っても過言ではない【轟音+疾走感+ポップ】な音楽をご紹介。 時代性とは無縁のこの煌めく音楽に心をときめかせよう。

Megoe

2016/06/24

バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11