今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

2016年の5枚〜Tsunemusik編〜

2017/01/11

鏡開きも過ぎて、もう新年モードも終わり。
2016年振り返り記事のバトンが回って来たので、去年を振り返って、2017年に聴いて欲しいアーティストをピックアップ!
今年も皆様が素敵な音楽と巡り会えますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人的なブログで2016年のベストアルバムは公表してるので、趣向を少し変えまして

題して…

「2016年に出会った、今年活躍しそうなアーティスト 5選」

※ランキングではありません
※個人の感想です

 

では早速ですが、5曲続けてどうぞー!

 

1.ナードマグネット
♪C.S.L.


>>
ご存知エモバンドのナードマグネット。2017年の大本命は、ずばりエモ!
Jimmy Eat Worldの新譜を聴いてから、エモーショナル熱が治まりません。10月にリリパライブを見て来たけれど、パフォーマンス力も文句なしだし、今こそ音楽を聴いて泣くべきだ!
>>


2.Burglary Years
♪Votre Voix


>>
ボストン出身の4人組、バーグラリー・イヤーズ。キラッキラのギターが素晴らしく。2017年は、The Strokesが出て来た2000年頭の頃と、凄く音が似ているので、ワクワクが止まりません。
>>


3.Babaganouj
♪Do Rite With Me Tonite


>>
オーストラリアの3ピースバンド、バブガニューシュ。男女ボーカルの交差する歌と、ドーリーミーなサウンドが心地よくて、歌声がカワイイ!
>>


4.MARQUEE BEACH CLUB
♪eye

>>
こちらも男女ボーカルの交差する、エレクトロなバンドサウンド。歌えるダンスミュージックと言われているけど、一番の魅力はその日本語の歌詞にあると思います。
>>

5.Ryu Matsuyama
♪Paper Planes


>>
ひとりのアーティスト名かと思われますが、3人組バンド。まさしく和製アウスゲイルと言わんばかりのRYU(Pinano/Vocal)の歌声は是非ライブで体感して欲しいほど素晴らしい。
>>

 

以上、Tsunemusik的 5選でした。
ちゃんと再生して頂いた方は分かると思いますが、相当偏ってる音楽趣向だと自覚しております。でもやっぱり、今年は20歳の頃に聴いてた音楽が一周回って戻って来たような、そんなインディーズシーンが面白くて仕方がありません。

出来ればバンドの方々とも、ルーツミュージックについて話を聞くインタビュー企画もしてみたいです。

 

他にもチェックして欲しいアーティストは沢山いるので、こちらで紹介させていただければと思います!
2017年も素敵な音楽と出会えますように♪

月間人気記事TOP10
バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

今年で20周年を迎えるFUJI ROCK FESTIVALに出掛けて間もなく1ヶ月が経つ。観たアーティストをより好きになったり、フェス飯に舌鼓を打ったり、お酒を飲んだりした。3日間はこれの繰り返しだった。とてもシンプル。山間地ゆえ天候が心配されたものの、一時的な小雨で済んだ。あとは太陽が笑っていた。

RED LADY

2016/08/17

フジロック3日目はMONO NO AWAREのステージに釘付け。ROOKIEステージの大トリは真夜中に音楽の花を咲かせる立役者だった。

RED LADY

2016/09/06

様々な角度からミュージシャンが情報を発信するサービス、“LIVE Connection”と、「ライブ定額行き放題」サービスの“sonar-u”がついにタッグを組んでライブイベントを開催。

しいなたくと

2016/05/04

思い立ったが吉日。The Birthdayを観に仙台まで出かけた。16時まで仕事だったためガッと出かけざるを得なかったものの、地方へライヴを観に行くことはやっぱり最高の旅行だと思いながら会場へ急いだ。

RED LADY

2016/11/24

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

LIVE Connection の【#Tags】機能を使ってアーティストを紹介します

TsunemusiK

2016/03/08

2003年10月11日、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTは幕張メッセでのライヴをもって解散した。気がつけばあれから13年が疾うに経ち、干支も一周を終えている今日、あの頃をふと思い出した。

RED LADY

2016/10/11

新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

Bjork、Nujabes、To Rococo Rotなどのサンプリングソースとして知られ、近年のニューエイジ/アンビエント再評価の一翼を担うオランダ・アムステルダムの音響桃源郷的レーベルMusic From Memoryが編集盤をリリースしたことで一気にその名が知れ渡ったイタリア・ヴェネチアのアンビエント作家GIGI MASINがついに初来日!

Megoe

2017/04/17