今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

見逃すことはロックへの冒涜だ!FREE THROW、次の土曜日でレギュラーパーティー休止!?

2017/01/09

いくつもの夜を沸かせてきたFREE THROWのレギュラーパーティーがvol.111をもって一旦の休止を発表!これはロックファンは見逃せない一夜となりそうです。

コアなロックファンならば一度は目にしたことがあるであろう4DJ、FREE THROW。

休止前の最後のパーティーはシンプルに4DJ。ようは、生真面目にステージの方を見てないとダメってことはありません。

ずっと踊っていて下さい!

 

いやはや、東京夜のロック番長FREE THROWとはぜひにと思い、LIVE Connectionともコラボ企画を開催していただいたりと大変お世話になりました。

と、こんな書き出しをすると、よもや活動が止まるのではと思われてしまいそうですが、

FREE THROWは続きます!ご安心を!

しかしながら、レギュラーパーティーが止まってしまうのは寂しいものです。

FREE THROWはインディロック界の伝道師であり、このレギュラーパーティーで育ったロックファンも多いはず!

ということで、そんなFREE THROWへ敬意を込めて、その偉大な功績を振り返ってみましょう!

 

FREE THROW

2006年5月に弦先誠人、神啓文の両名により始動。2006年12月タイラダイスケの加入により現在の3DJに。DJ×LIVEという従来ほぼ成功例の無かった新しいパーティーのスタイルを確立させ、クラブシーンとライブハウスの垣根を無くし、その距離を縮める。 3人によるジャンルや洋邦新旧の壁を取り払ったDJプレイは、幅広い音楽ファンから高い評価を受け、東京を中心に日本全国ライブハウス、クラブ、フェスを飛び回るDJ Party。

踊れるRockを主体とし、洋邦新旧/ジャンルを飛び越えた選曲&BANDで
DJ・Live Act・オーディエンスの等しい三角形を創り出す次世代型Music Party!!

HISTORY
・2006.05. 下北沢Daisybarにて弦先誠人、神啓文の両名により始動。
・2006.12. タイラダイスケの加入により現在の3DJに。
・2008.07. 初の名阪ツアーを敢行。以来、定期的に全国での開催を行う。
・2011.03. イベント企画のコンピレーションCD『FREE THROW COMPILATION』発売。
・2012.02. イベント企画のコンピレーションCD第二弾『FREE THROW COMPILATION Vol.2』発売。
・2012.03. リリースツアーファイナルとしてFREE THROW Vol.60を新木場スタジオコーストでの開催。
・2014.03. イベント企画のコンピレーションCD第三弾『FREE THROW COMPILATION Vol.3』発売。
・2014.04. リリースツアーとしてFREE THROWとして過去最大となる全国32か所を回るツアーを開催。
・2014.10. リリースツアーファイナルとして恵比寿リキッドルーム公演開催。
・2014.12. Cabbage boy加入。

 

FREE THROW vol.111

2017/1/14(土)@新宿MARZ
open&start 23:30
adv.¥2000(D別) / day.¥2300(D別)

*DJ
弦先誠人
神啓文
タイラダイスケ
cabbage boy

*VJ
AJUKA(Beast Picture Market)

 

 

-----様々なバンドによるゲストライブ


FREE THROWのパーティーといえば、インディロック界隈を賑わすバンドによるゲストライブ。

vol.10 the telephones、vol.14 Avengers In Sci-Fi、vol.15 QUATTRO、vol.18 THE BAWDIES、vol.26 group_inou、vol.28 THE MIRRAZ、vol.32 THE BEACHES、vol.40 The New House、vol.41 SuiseNoboAz、vol.47 やけのはら+ドリアン、vol.49 ORLAND、vol.55 thatta、vol.58 シャムキャッツ、vol.65 環ROY、vol.71 Mop of Head、vol.72 MOROHA、vol.76 MONSTER大陸、vol.77 THE KEYS、vol.78 The fin.、vol.79 The Flickers、vol.80 住所不定無職、vol.86 YOUR ROMANCE、vol.87 Lucky Tapes、vol.88 Awesome City Club、vol.89 Yogee New Waves、vol.90 Paellas、vol.95 ドミコ、vol.97 never young beach、vol.98 HAPPY、vol.101 Kidori Kidori、vol.106 TENDOUJI。

ざーーーーっと書いてしまいましたがいかがでしょうか?俺(オ↑レ↓)これ知ってるーって数十年前の小学生のノリで見てみてください。

FREE THROWの見てきたロック界が如実に出ていると感じるのは僕だけでしょうか?

FREE THROWのお礼参り的なフェスがあったら話題沸騰確定なかんじですね。

歴史は誰かが伝えていかないとなかなかつながらないものですが、こうしてFREE THROWレギュラーパーティーとして語り継いできたわけですね。

はじまったころには小学生だったあなたも、いまやテキーラで頭ぶっとばしているとは誰が想像したでしょうか。

 

-----コンピだって出てます

FREE THROWのパーティーを共に作ってきたアーティスト達。これは間違いなくひとつのシーンといっても過言ではないでしょう。

ニューヨークだってそうですが、ひとつの都市にいくつものシーンが興っているわけですね。東京も例外ではないです。

 

-----FREE THROWのこれから

DJタイラ氏はブログで“有難いことにFREE THROWチームとして誘っていただけるパーティーもありまして”と、これからの具体的な活動に名言はないものの、パーティーは終わりじゃなさそうです!

まだまだ、ロックを教えてもらう機会は続きそう!

ぜひぜひブログをチェックしていただいて、今後のパーティーも参加したいものです。

 

FREE THROW vol.111

2017/1/14(土)@新宿MARZ
open&start 23:30
adv.¥2000(D別) / day.¥2300(D別)

*DJ
弦先誠人
神啓文
タイラダイスケ
cabbage boy

*VJ
AJUKA(Beast Picture Market)

月間人気記事TOP10
バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

今年で20周年を迎えるFUJI ROCK FESTIVALに出掛けて間もなく1ヶ月が経つ。観たアーティストをより好きになったり、フェス飯に舌鼓を打ったり、お酒を飲んだりした。3日間はこれの繰り返しだった。とてもシンプル。山間地ゆえ天候が心配されたものの、一時的な小雨で済んだ。あとは太陽が笑っていた。

RED LADY

2016/08/17

フジロック3日目はMONO NO AWAREのステージに釘付け。ROOKIEステージの大トリは真夜中に音楽の花を咲かせる立役者だった。

RED LADY

2016/09/06

様々な角度からミュージシャンが情報を発信するサービス、“LIVE Connection”と、「ライブ定額行き放題」サービスの“sonar-u”がついにタッグを組んでライブイベントを開催。

しいなたくと

2016/05/04

思い立ったが吉日。The Birthdayを観に仙台まで出かけた。16時まで仕事だったためガッと出かけざるを得なかったものの、地方へライヴを観に行くことはやっぱり最高の旅行だと思いながら会場へ急いだ。

RED LADY

2016/11/24

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

LIVE Connection の【#Tags】機能を使ってアーティストを紹介します

TsunemusiK

2016/03/08

2003年10月11日、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTは幕張メッセでのライヴをもって解散した。気がつけばあれから13年が疾うに経ち、干支も一周を終えている今日、あの頃をふと思い出した。

RED LADY

2016/10/11

新年1発目のライヴは誰を観に行きましたか? わたしはというと、今年のライヴ初めはlowtideの"Beach"releaseツアーファイナル@下北沢 SHELTERでした。

RED LADY

2017/02/26

Bjork、Nujabes、To Rococo Rotなどのサンプリングソースとして知られ、近年のニューエイジ/アンビエント再評価の一翼を担うオランダ・アムステルダムの音響桃源郷的レーベルMusic From Memoryが編集盤をリリースしたことで一気にその名が知れ渡ったイタリア・ヴェネチアのアンビエント作家GIGI MASINがついに初来日!

Megoe

2017/04/17