今すぐLIVE Connectionでページを作る!
>>クリック

解散7日前のTHEE MICHELLE GUN ELEPAHNT

2016/10/11

2003年10月11日、THEE MICHELLE GUN ELEPAHNTは幕張メッセでのライヴをもって解散した。気がつけばあれから13年が疾うに経ち、干支も一周を終えている今日、あの頃をふと思い出した。

閃光だった。ぱっと光って消えちまう、そんなロックンロール・バンドだった。

●THEE MICHELLE GUN ELEPAHNT / 世界の終わり

2003年10月4日、Zepp SendaiへTHEE MICHELLE GUN ELEPAHNTのラストツアーを観に母と出掛けた。仙台駅中央改札前には「チケット譲ってください」「今までのツアーグッズ全てとチケット交換希望」などと書かれたボードを持ったロックンロール・ジャンキーズが犇めいていた。ざっと数えて3,000人はいたであろう、会場前からラオックス方面にできていた物販購入列。漏れ音を聴きに来たファン。愛するバンドを見送るロッカーズで仙台駅周辺はごった返していた。

Zepp Sendaiの2階席から彼らのフェアウェル・パーティーを観た。寂寥感ゼロの解散ツアー。涙ぐむのが野暮なくらいだ。いつも通りの豪快なロック・ショウをブチかます。転がり続けるだけ。来年のツアー発表はいつなんだよ。こんな期待をさせるバンドがあと7日で解散するなんて信じられなかった。

“トカゲ”に始まる夜は2曲目“バードメン”で一気に加速する。“暴かれた世界”、“カルチャー”と続くセットリストにフロアは歓喜の舞で応える。百戦錬磨のアッパー・チューンで会場は開始10分で酸欠状態だ。中盤で演奏された“ストロベリー・ガーデン”には、「この曲もやるの!わー!」と興奮せずにはいられなかった。“キャンディ・ハウス”のバスドラは高鳴る鼓動の如く会場に響き渡り、“G.W.D.”の轟音ベースラインは会場の屋根を吹き飛ばしてしまうくらいに強烈だった。“スモーキン・ビリー”で起きた大合唱。いつまでも忘れられない思い出だ。こうして騒げるのも今夜と幕張を残すのみ、と思うと少し寂しくなったのも付け加えておく。

“エレクトリック・サーカス”を歌うチバの眼は訴えていた気がする。「Rock and roll can never die」。到達点は通過点であり、終わりではないのだと。果てなんかねぇよ、と。

本編が終盤に差し掛かると、「青葉城行こうぜ」と微笑むチバのMCを合図に“GT400”が走り出す。秋晴れの仙台を、単車が駆け抜ける。最高のバイク日和だ。

その後“デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ”、“リボルバー・ジャンキーズ”、そして“ダニー・ゴー”で本編を終えた。アンコールで圧巻だったのは“世界の終わり”。一心不乱にギターをかき鳴らすアベの姿が印象的だった。正面を向いているわけでもなく、2階席を見ているわけでもなく、ただただその先をみている、少し物憂げな目。忘れ難い瞬間が詰まった2時間強のライヴだった。

引き際の潔さがクールに繋がっているのだな、と幼心に刻んだ夜であった。

*画像引用元:http://blog.satindollweb.com/archives/18362

 

月間人気記事TOP10
東京アンダーグラウンドでじわじわと中毒者を増やしている孤高のストーナー集団、EL SONOCOSが1st Singleをリリース!

Megoe

2017/02/19

FACTOTUM PRESENTS “HOME CAMP”が下北沢THREEにて2月8日(水)に開催される。white white sisters、バンドがやりたい安島裕輔、flower in the vasementも花を添えるこのイベントはぽおるすみすのDJもばっちり楽しめそう。

RED LADY

2017/01/21

RED LADYが選ぶ2016年の“5曲”。2016年にリリースされた曲を中心に、よく聴いた曲を選びました。Orca Shore、The Birthday、D.A.N.、The Lemon Twigs、Part Time Musiciansを取り上げています。

RED LADY

2017/01/15

バンドの編成人数とサウンドの密度はイコールではありません。 通常バンド編成は3人以上と思われがちですが2ピースバンドもそれほど珍しくはない現状です。 二人だからこそ出せるグルーヴ、そしてプレイの緻密さ。 曲には多彩なアイデアが詰め込まれ、圧倒されることも多いです。 クセになるような注目すべき2ピースバンドをご紹介します。 The White Stripes/twenty one pilots/ドミコ/左右

hokada yuki

2016/03/11

きゃりーぱみゅぱみゅさんの本日発売の最新シングル「最&高」のミュージックビデオが公開されましたが、異様な見た目のきゃりーぱみゅぱみゅさん。周囲の様子から恐らく、太鼓を叩くおもちゃ=ロボットなのかもしれない。こんな様子にピンときた方は外にもこんなミュージックビデオがありますので食指をのばしてみてはいかがでしょうか。

しいなたくと

2016/04/20

2003年10月11日、THEE MICHELLE GUN ELEPAHNTは幕張メッセでのライヴをもって解散した。気がつけばあれから13年が疾うに経ち、干支も一周を終えている今日、あの頃をふと思い出した。

RED LADY

2016/10/11

ロック界の現人神、ポール・マッカートニーが来日!ワン・オン・ワン・ジャパンツアー2017!みんなもちろん行くよね?行くでしょ?

しいなたくと

2016/12/31

ミニマル・ミュージックとは一体なんだろう? 昨今の音楽界ではミニマル・テクノやミニマル・メロウという言葉も浸透してわりと親しみのある言葉になったミニマル。 ミニマルとは最小限のこと。 音数を最小限に留め、空間を埋めず、あえて際立たせる。 そう、それも正解だ。 しかし今回の焦点は音の動きを最小限に抑えて反復させること。 反復はいつの間にか、気づかぬ間に高揚感を帯びて僕らを刺激する。 反復、反復、反復。 我に返る間もなく体が脳が反応し快楽の世界に引き込まれていく。 さあ、未体験ゾーン突入でお楽しみください。

Megoe

2016/11/28

鏡開きも過ぎて、もう新年モードも終わり。 2016年振り返り記事のバトンが回って来たので、去年を振り返って、2017年に聴いて欲しいアーティストをピックアップ! 今年も皆様が素敵な音楽と巡り会えますように!

TsunemusiK

2017/01/11

umber session tribeの2nd EPリリース記念パーティーが開催!豪華共演者の集う一夜を見逃すな!

TsunemusiK

2016/07/04