Information

自称ミュージシャン/自称ギタリスト/自称デザイナー総ぢて自称アーティストになるのが夢です。よ。自称に恥ぢないクオリティを維持するべく邁進するフリをイタします。よ。スタップ細胞わありまーす。

Biography

■広告・グラフィック・WEBデザイナー/イラストレーターとして活躍するかたわら、
2000年にURiTA(BMGファンハウス)のサポートギター、その影響を受けて
2001年よりアコースティックギターの弾き語りによる音楽活動を開始。

■情報過多でサブカルティックな歌詞、多重人格な歌声、テクニカルなギターを駆使し、
ありとあらゆるジャンルが融合したユーモラスかつ独創的な世界観を構築。
耽美で中性的な容姿とは裏腹の、噺家のような洒脱なトークをも交えたステージングが高く評価される。
■いびつなポップ感覚のめくるめくメロディとリズム、絶妙な着地をみせる不協和音、
複雑な階層のオーケストレーションは、アコースティックギター弾き語りの既成概念を覆すものである。

■”カタン”は、球体関節人形師・故・天野可淡氏から拝借。
前述の如き世界観を解読するヒントとして、
以下1stAlbum「対話の可能性」帯テキストから抜粋してみる。
・・・日比谷カタンなる存在から連想されるキイワードとして
先ずジャンゴ・ラインハルトの名が挙げられるのは致し方ないだろう。
が、梅津氏が喩えるように【転送ポッド】から現れた、過剰な不純物が混在する【オブジェ】はもはや、
単なる伝統の継承とは言い難い。日比谷が云う【コラージュ】を構成する要素、
天野可淡、澁澤龍彦、岸田秀、シュヴァンクマイエル、クローネンバーグ、アルジェント、
ケイト・ブッシュ、カヒミ・カリィなどを列挙してみれば、
多少なりともこの世界観の説明になる
・・・であろうか?・・・
ということでその影響について触れると枚挙に暇が無いが補足するなら、新旧ロック、
ポップス全般、ジャズ、プログレ、歌謡曲、TV劇伴、シュルレアリスム、精神分析学、心理学、
情報デザイン学などをデタラメに融合したオルタナティブ。とも云える。
■海外での評価も高く、チェコのリトメリーチェ、ノルウェーのコングスベルグ、
リトアニアのヴィリニュス(梅津和時氏とのDUO)、ww.vilniusjazz.lt/history/2005.htm”>
ヴィリニュス(梅津和時氏とのDUO)、
ドイツのメールス(メールス・ジャズフェスティバルの公式ブログ記事)
など著名ジャズ・フェスティバルに参加。
フランスでは親友Nosfellとの競演や、ピエール・バルーの
サラヴァレーベル・コンピレーション[くさまくら]ツアーにLes Romanesques レ・ロマネスク、
桃梨と共に2年連続・計27公演に参加。
他にオスロ、プラハ、ドイツ・ハノーバー公演も大成功を収めた

※参加ジャズフェスティバル
・Vilnius JAZZ Festival 2005 (Lithuania)
・Litoměřice JAZZ Festival 2006 (Czech Republic)
・Kongsberg JAZZ Festival 2006 (Norway)
・Moers JAZZ Festival 2011 (Germany)

■国内ではボーダーレスな活動エリアで頻繁にライヴをこなす。
日比谷が影響を公言するチェコの映像作家
ヤン・シュヴァンクマイエル絡みのイヴェント[“シュヴァンクマイエルのキメラ的世界”と
“日比谷カタン”を2007年9月4日(火)チェコセンターに於いて鑑賞する悦楽共犯者たち。]、
ライヴ&トークショー「対話の可能性」シリーズ、
ゲーム音楽のカリスマ・植松伸夫氏による「ファンタジーロックフェス2013」
出演、ZABADAK(吉良知彦・小峰公子)公演へのボーカル&ギターサポート参加、
吉良知彦・鬼怒無月両氏とのユニット「キドキラカタン」、みとせのりこ氏との共同企画「おいたわし夜~みとせのりこ&日比谷カタンの
”こじらせ系”」など活躍の場を拡げている。