Information

プレイヤー誌(プレイヤー・コーポレーション)で「フィンガースタイル・ティップス」を、アコースティック・ギター・マガジン(リットーミュージック)で「アコースティック・ブルース・ギター講座」を連載中。
また、精神科医の香山リカ氏の人気ラジオ番組『香山リカのココロの美容液』(NHKラジオ第一、毎週金曜日21:30-55)のテーマ曲として、7枚目のCD『Sakura』に収録の「Lonely One」が使用されている。
同番組へ2度ゲスト出演もし、生演奏を披露した。

Biography

1958年三重県四日市市出身。東京工業大学理学部中退。カントリー・ブルース・ギターの巨匠ステファン・グロスマンに師事し、1987年にロサンゼルスで共演。以来、アコースティック・ブルース&ラグタイムを得意とするフィンガースタイル・ギタリストとして活躍。ソロ、およびジョイントで全国を回ってのコンサート開催をはじめ、CDやDVDなど数多くの作品のリリース、教則本の出版、音楽雑誌での原稿執筆、TABギタースクール主宰など、幅広い活動を続けている。『モリダイラ楽器/フィンガーピッキング・デイ』や『マーティン・クラブ・コンサート』のゲスト出演をはじめ、『楽器フェア』や『サウンドメッセ』でのスペシャル・ライヴなど、アコースティック・ギター関連のイベントでも欠かせない存在となっている。

師匠ステファン・グロスマンをはじめ、ジョン・レンボーン、ダック・ベイカー、ボブ・ブロズマン、ウッディ・マン、パット・ドノヒュー、トニー・マクマナスといった一流ギタリストを招聘してのジョイント・ライヴ・ツアーを継続的に行うなど、海外アーティストとの交流も重要な活動となっている。米国ナショナル・ギター社のカタログにも日本の数少ないリゾネーター・プレイヤーとして紹介された。また、中国でライヴ、クリニックを開催(2002年:上海、2004年:北京、2005年:広州)したり、チェコでリリースされたCD『RESOPHONIC PLAYERS OF EUROPE 2005』には日本代表としてボーナス・トラックに収録された。2007年にはステファン・グロスマンとのデュエットCD『Bermuda Triangle Exit』がアメリカでリリース。アメリカやフランスを回る海外ライヴ・ツアーも開催(2008年:米&仏、2010年:米)し、活動の幅も国際的となっている。2011年10月には、米ミシシッピー州グリーンウッドで開催された「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」にも出演。