Information

花池洋輝(Vo.Ba.Dr)

桑原美穂(Vo.Gt)

上記の二名から出る(または出す)音によって成立している2ピースバンド

sa-yuu  (right and left are meant) is the band materialized with the sound which comes out from the two above-mentioned persons.

【スカムレフトスカムライト】

【価格】

¥2,000(税抜)

【収録曲】

1.スカムレフト 2.簡単なことだろ 3.なくならない

4.ばれている 5.イエローヘイト(新録) 6.スカムライト

7.ノーマルスレイブ 8.平和なのか 9.やめてくれ

10.神経摩耗節(新録) 11.箱のうた (新録)

Tower disc union amazon

【左右-ep】

【価格】

¥900(税抜)

【収録曲】

1.河童 2.悩みのマーチ 3.神経摩耗節

4.箱のうた 5.雨 6.全然駄目

Tower disc union amazon

iTunes amazon MP3

Biography

-2010年-

花池が中学時代に入手しすぐに弾かなくなったギターを物置で見つけ楽器未経験の桑原に渡すことにより結成する。 
主に自宅(ベッド内、風呂場)にて花池が考えた曲を桑原に電話で口頭伝達し近所のスタジオにて演奏する。それを1年間続ける。 
楽器を背負って街を歩く、音楽スタジオに入るなどの行為に優越感を憶える。  
- 2011年-

ライブの仕方がわからず、スタジオで撮影した楽曲をyoutubeへアップする。数ヵ月後、ネット上でそれらの楽曲を聞いたライブ企画者から誘いを受け5月、阿佐ヶ谷GAMUSOにて初ライブを行う。これを機に高円寺、新宿を中心にライブ活動を開始し 夏には5曲入りのデモ音源「左右」を完成させ、ライブ会場にて販売する。 
 -2012年-

近所のスタジオにて「世界にひとつだけのオリジナルアルバムを作ろう!エンジニアが腕を振るいます!」というポスターを見てレコーディングを申し込み、正規音源『左右-EP』を完成させる。 
野田努氏が編集長を務める音楽Webマガジン/雑誌「ELE-KING」にてアルバムのロングレビューが掲載され「絶妙に踊れない変拍子」と紹介される。 突然段ボール主催「第8回深谷ロックフェスティバル」PANICSMILE主催「Headache sounds SAMPLER live」などのイベントに出演する。  
-2013年-

セルフレコーディングシングル『イエローヘイト』をHP&ライブ限定で発売する。PVに使用した蛙を桑原が飼い始める。 
ライブを見に来た大手レコード会社のスタッフからCMオーディションに誘われる。楽曲を送ったところ「華がない」という理由で落選し小学5年生のガールズダンスグループがグランプリを受賞する。 オーストラリアの映像制作会社『VICE』からのオファーで同局の番組内にて左右の楽曲が使用され、YOUTUBEにアップしていた左右のPVのコメント欄が片言の日本語で埋まる。 
 イギリスの新聞「The Guardian」にて楽曲のレビューが掲載され、英語で「左右のライブ中、観客はとても気まずい思いをしている」と書かれる。 オリジナルTシャツを販売し、「海外の人が買いそう」と多数の日本人に言われる。 
-2014年-

PANICSMILE吉田肇氏のコンピレーションアルバムに参加する。 
英字新聞『JAPAN TIMES』にて「2014年日本の注目インディーズ5バンド」に左右が選出される。 
フジテレビ「未来ロケット」にて左右が紹介され、出演者の増田貴久氏のファンから「まっすーを笑顔にしてくれてありがとうございます」というメールをもらう。花池が大喜利大会に出場し準優勝する。